塵たんのよくわかる遊戯王教室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

チョウレンビート楽しいよ

あ、こんばんは。
塵です。

なんか更新するたびに毎日書きます的なニュアンス匂わすけど、まったく持続しないんだから。
こりゃ有名にもならんぜ。
なる気は無いけど。

ともあれ久しぶりの更新なんですけど、今回はチョウレンについて書こうかなと。

爆発坊主として有名なんだか有名じゃないんだかわからない炎属性魔法使い族のチョウレンさん。
軸にしたデッキとして【チョウレンビート】が一世風靡したのはご存じでしょうか。
最近わたくしもですね、チョウレンビートを使っておりまして。
なんだかんだで3ヶ月くらいは使い続けてる最近では珍しいデッキです。
カジュアル勢として活動している塵さんですが、このデッキだけは大会出ても大丈夫なようにエクストラサイドも練り上げております。

そんなチョウレンビートなんですけど、最近はどうなんでしょうか。

なんていうか、絶対弱く見られるあたりで精神アドがとれるあたりが大好きです。
「あー知ってる知ってるw」程度のプレイヤーなら大体倒せます。
チョウレンさんの戦い方を知ってる知ってないだけで全然勝率違いますよ。


さて、チョウレンビートの戦い方。
あくまで今までの自分の使用感と友人のアドバイスがあっての記述なので、全部鵜呑みにして「負けたのは塵さんのせい」みたいな事にしないでくださいね。

簡単に言えば「チョウレンで伏せを見る」だけです。
このデッキはチョウレンでビートするんじゃなくて「チョウレンをかませ犬にする」デッキなんです。
実際にこのデッキで強いカードはチョウレンもフレムベルマジカルも呼べる《フレムベル・ヘルドッグ》です。
間違ってもチョウレンは強くないです。
あれです、ヘルドッグ飼っていい気になってるチョウレンかと思いきや逆です。

デッキの勝ち筋としては炎属性の最強魔法《真炎の爆発》を通すこと。
そのための下準備としてヘルドッグ使ったりマジカルと《稲荷火》でシンクロしたりして墓地に炎属性を肥やしておきます。
もちろん《カード・ガンナー》もいいと思います。

この爆発を通すためにやること。
それがチョウレンです。

チョウレンの効果は「相手の伏せ魔罠に対してどっちかを宣言」という発同条件で「当たったらそのカードは使えない」というもの。
召喚反応1枚だけを伏せていたらチョウレン召喚に対して凄く悩みますよね。
伏せが2枚でも1枚見えたら逆を《サイクロン》してあげればだいぶ楽です。
3枚あったら運も絡みますが《神の宣告》がめくれれば《大嵐》打ち込んで爆発を通しましょう。

チョウレンを召喚したら相手からしてみたら伏せを見られるという情報アドバンテージに加え、もし当てられたら使えなくなるという状況になります。
もしかするとチョウレンに《エフェクト・ヴェーラー》を打ってくれるかもしれません。

これでなんとなくチョウレンの使い方がわかったと思います。
次回は現状の構築と共にもう少し発展したプレイングについて書いていきたいと思います。

これにて。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:9 |
| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。